N e w s

余白(40px)

2023.12.01
「年末年始の休業に関するご案内」

誠に勝手ながら、下記の期間を年末年始休業期間とさせていただきます。

休業期間:2023年12月30日(土)~2024年1月3日(水)

本サイト・お電話・メール等でのお問い合わせは、2024年1月4日(木)以降の対応になりますこと、あらかじめご了承くださいませ。
ご不便をお掛けいたしますが、何卒宜しくお願い申し上げます。


2023.08.07
本社を移転しました。
新本社住所:東京都中央区八重洲1-4-16東京建物八重洲ビル3階


2023.05.25
ベトナムへの日本の眼科近視治療技術提供支援

VisionLab社とTomorrow Medical社は日本の眼科近視治療技術を
ベトナムに普及させるための提携を発表

〜 技術導入初事例となるハノイ・ホンゴック病院との基本合意を締結 〜

VisionLab株式会社(本社 : 東京都港区、代表取締役CEO : 佐藤英明、以下VisionLab)とTomorrow Medical株式会社(本社 : 東京都千代田区、代表取締役CEO : 長谷部辰雄、以下Tomorrow Medical)とは、2023年5月23日、日本の眼科近視治療技術をベトナムに普及させるための提携を発表しました。また同日、初の導入先となるホンゴック病院を交えて、3社間でMOU(基本合意)を締結致しました。

本提携の概要

VisionLabは、眼科に特化した開業及びクリニック運営のサポートを得意としており、多くの成功実績を持っています。国内の眼科コンサルティング業務で得た経験をもとに海外支援も行っております。VisionLabは導入先医療機関に対し、ICL(アイシーエル)技術とレーシック技術の導入支援を日本およびベトナム現地で行います。
Tomorrow Medicalは豊富なベトナム医療への知見と、現地パートナー人脈を活用しながら最先端眼科治療導入可能な医療機関の選定を行います。ベトナムの医療事情や現地パートナーとの事業実績にも強みを持っており、ベトナムと日本の医療機関の橋渡しを行っています。
屈折矯正手術指導にはVisionLabがプロデュースをしているアイクリニック東京サピアタワー北澤世志博院長を中心としたグループが担当します。北澤医師はレーザー屈折矯正手術、ICL手術を合わせて60,000例を超える手術を施行し、ICL認定医で、さらにStaar Surgical社が日本国内で11名のみ認定している“ICL認定医を認定できるインストラクターとなるICLエキスパートインストラクター”の資格を持つ屈折矯正手術のパイオニアである。

ホンゴック病院への導入

両社は、ホンゴック病院(Bệnh Viện Đa Khoa Hồng Ngọc、ベトナム ハノイ市)との協議の結果、レーシック技術支援ならびにICL導入支援を決定しました。  ホンゴック病院はハノイ市内の医療を担う1,000床超の病院で、眼科以外にも内科、外科、小児科、耳鼻科、産婦人科などを提供する総合病院です。  Tomorrow MedicalとVisionLab、ホンゴック病院の3社にてMOU(基本合意)を締結し、導入に向けた具体的協議に入りました。

技術提供プログラム(予定)

【日本での研修プログラム】
  • 手術指導
  • 診察指導
  • 検査指導
  • カウンセリング指導など
【ベトナムでの研修プログラム】
  • インストラクターによる現地での手術指導
  • 現地ドクターの手術指導
Step
1
見出し
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト...。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト...。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト...。

背景

ベトナムは人口が約9,946万人(2022年)と増加しており、目覚ましい経済成長が続いています。一方、医療体制については変化の過渡期であり、医療機関ごとの品質が一定ではないことから、医療に対する国民の信頼感が低く、都市部の大病院に患者が集中している状況があります。広く一般に、適切な医療に日常から触れることは難しく、早期発見の困難さや健康意識の低さが問題視されています。

今後の展開

ベトナムは人口が約9,946万人(2022年)と増加しており、目覚ましい経済成長が続いています。一方、医療体制については変化の過渡期であり、医療機関ごとの品質が一定ではないことから、医療に対する国民の信頼感が低く、都市部の大病院に患者が集中している状況があります。広く一般に、適切な医療に日常から触れることは難しく、早期発見の困難さや健康意識の低さが問題視されています。

会社概要

社名: VisionLab株式会社

代表者:代表取締役CEO 佐藤英明

本社所在地:東京都港区赤坂6-10-42パシフィックパレス赤坂503

事業内容:眼科開業支援/運営コンサルティング/国際化支援

設立年月日:2021年8月12日

HP:https://vision-lab.co.jp/ 

社名: Tomorrow Medical株式会社

代表者:代表取締役CEO 長谷部辰雄

本社所在地: 東京都千代田区丸の内1丁目1-3 日本生命丸の内ガーデンタワー3階

事業内容:「明日の医療につながる新たな価値創造を」をテーマに各診療科の専門医の力を集結し、新規事業開発に取り組むスタートアップ。自社単体での事業開発のみならず、各社の医療ヘルスケア領域での新規事業開発支援や、協業での事業開発を複数進行中。

設立年月日:2021年10月21日

HP:https://tomorrowmedical.co.jp/

アイクリニック東京サピアタワー/アイクリニック東京丸の内トラストタワー

院長兼最高執刀責任者:北澤 世志博

HP:https://eyeclinic-tokyo.jp/
余白(40px)

本プレスリリースに関する問い合わせ先

Vision Lab株式会社
広報担当 :company@vision-lab.co.jp